より強く、より速く、より良いバスケットボール選手になる為に!!

ある日の練習風景

PRACTICE

体育館に集合をしてハドルを組んでいざ練習スタート!!

練習スタートの15分程前からスクール生が集まりだし、各自シューティングなどをはじめ、練習に向けてテンションを上げます!!
練習前には各自が前回の練習の課題などを書いたノートを提出してもらいます。
人数が揃ったら全員でハドルを組み大きな声を出し、いざ練習スタート!!

しっかりとウォーミングアップ!!

バスケットボールが上手になるためには、自分の体の使い方を知らなくてはいけませんし、怪我の予防や、強いプレイをするためにウォーミングアップでは体幹トレーニングから始まり、ラダーやハードルを使った様々なメニューで体を温めてもらいます。
バスケットボールはディフェンスがとても大事なので粘り強いディフェンスを出来るようになる為にもフォットーワークが大切です!!
きついと言いながらも、みんな一生懸命動いています!!

ボールハンドリングからのシュート

ありきたりかもしれませんが、ドリブルを強くつく、前を見る、と言う事はバスケットボールには本当に大切な要素の一つです。
実際試合でディフェンスがいる中でプレイをすると言う事は簡単な事ではありません。一つ一つの練習はとても地味かもしれませんが、そうした基本を丁寧にする事が試合で活躍する為に必要な一歩です。
そして、そのドリブルが成功しディフェンスを突破したなら最後は一番大事なシュートです。
そのシュートが雑になってしまって落ちてしまったら、それまでのドリブルがとても勿体なくなってしまいます。
リングに近くなればなるほど様々な工夫をし、最後のステップでもディフェンスをかわし、シュートを決めましょう!!

対人練習

練習の後半は、様々なシチュエーションを想定した対人練習を行います。
練習前半でおこなったスキルを発揮させるための1対1や2対2
人数が多い場合は5対5までおこないます。
ただ、漠然とゲームをするのではなく、頭を使いながら考え、やってきた練習を実際にどれくらい使えるようになっているかを試せる時間になります。
対人練習になった時にどれくらい細かい基礎的な動きが出来るか
みんな意識を集中させています!!

練習終了、片付け、かえりの挨拶

練習が終われば、最後はまたハドルを組んで練習終了。
練習で疲れていても
しっかり全員で体育館の片付けをして元気よくまた来週の練習へ!!
この1週間でしっかりその日の課題に気付いて次の練習に向けて準備をしよう!!!